製品紹介

ネットワークサービスアシスタント(NSA)の機能

Certi - LiteCerti - Lite

Certi-Lite は、CAT3 - CAT6のシングルエンド ANSI/TIA-1152-A クレームチャネルテストを提供し、合格/不合格を明確に表示します。ケーブルの工事業者の場合、ケーブルメーカーの保証目的で新規設置する場合には、定期的なデュアルエンド認証テストが必要となります。
ネットワーク所有者およびデュアルエンド認証の要件のないユーザーにとって、NSAのCerti-Lite機能は、既存のケーブル配線が新しいアプリケーション、特にPoEが多用されるスマートビルディングなどに適しているかどうかを確認するには完璧なツールです。また大幅に低価格化されています。

Certi-Lite の活用事例
  • CAT6Aなどの標準要件に対する既存ケーブルのパフォーマンスの再評価
  • ネットワーク接続とリンクスピードの問題のトラブルシューティング
  • ケーブルプラントのパフォーマンスの文書化
  • 認定テストジョブの監査
  • 移動、追加、変更

テスト結果は内部メモリに保存され、後で付属の TestDataPro (結果管理ソフトウェア) にアップロードできます。テスト結果は、有線またはワイヤレスネットワーク接続を介してテスターから無料のTestDataProクライドサービスにアップロードし、データオフロードすることもできます。

合格/不合格基準
長さ
遅延
遅延スキュー
ループ抵抗
挿入損失
リターン損失
NEXT
PSNEXT
ACRF
PSACRF
情報
ネットワークコンプライアンス
抵抗アンバランスP2P
TCL
ACRN
PSACRN
インピー ダンス
RL ロケータ TDR
ネクストロケータTDR
シールドロケータTDR
Certi - LiteCerti - LiteCerti - Lite

ネットワーク接続テストNetwork Connectivity Testing

移動/追加/変更/トラブルシューティングに便利なNSAは、内蔵の10/100/1000、またはNSAに付属しているAD-NSAアダプタを介して、マルチギガネットワークインターフェイスに接続すると、ライブネットワークに接続できます。ユーザーは、オプションのEdimax WiFi USBアダプタ(EW-7822ULC)を使用してワイヤレスで接続することもできます。NSA が接続されると、オートディスカバリー機能により、ネットワークに接続されているデバイスが表示されます。ローカル ネットワークまたはインターネット上の他のデバイスに Ping を実行して、接続と遅延を確認します。

接続されているデバイスの IP アドレスと MAC アドレスのリストを表示します。ネットワークに接続されている不明なデバイスなど、デバイスを識別するのに便利です。

IP アドレスを選択すると、そのデバイスの詳細、MAC アドレスなどを表示します。

ゲートウェイ、サブネットマスク、DHCP サーバーなどのローカル エリア ネットワークの詳細を表示します。

Pingを使用してあらかじめ設定された、またはカスタムのWebサイトURLを選択し、遅延の詳細を確認し、ポイントツーポイント接続またはインターネットへの接続を確認します。

Traceroute は、インターネット接続の遅延がローカル ネットワーク内にあるか、それ以外にあるか判断するのに役立ちます。

ネットワークオートテストには、ネットワーク検出、接続デバイス、ネットワークマップ、Ping、および LAN スピードが含まれます。

WiFi SSID / RSSI検出,自動接続オプション付きの信号強度テスト,WiFiハンドオフは、ハンドオフのための編集可能なRSSIしきい値で有効/無効にし、カバレッジの弱点を見つけ、カバレッジエリア全体のハンドオフ動作を確認する機能を提供します。

注意: Edimax WiFi USB アダプター EW-7822ULC は地域固有のものであり、Amazon または優先小売業者から購入する必要があります。

ネットワーク接続テストネットワーク接続テストネットワーク接続テストネットワーク接続テスト ネットワーク接続テストネットワーク接続テストネットワーク接続テスト

ワイヤレス ネットワーク接続テストWireless Network Connectivity Testing

ワイヤレス接続テストは、オプションのEdimax WiFi USBアダプタ(EW-7822ULC)を使用して実行できます。

NSA のオートディスカバリー機能により、検出されたすべての SSIDとそれに関連する RSSI (受信電力レベル)とチャネルが表示されます。これは、お客様が接続しようとしている WiFi ネットワークが特定の場所に十分な信号を持っているかどうかを判断するのに役立ちます。

さまざまな場所でRSSIをチェックして、WiFiの「デッドゾーン」を特定します。

ネットワークの適切な認証情報を使用し、任意の SSID に接続します。

ハンドオフ用のユーザ定義可能な信号しきい値を持つ自動接続およびWiFiハンドオフは、信号強度ツールの使用中のカバレッジ問題のトラブルシューティングに役立ちます。

有線ネットワークテストで使用されるすべてのネットワークテストツールは、WiFでも機能します。

Pingを使用して、事前定義またはカスタム Web サイト URL を選択し、遅延の詳細を確認して、ポイントツーポイント接続またはインターネットへの接続を確認します。

Traceroute は、インターネット接続の遅延がローカル ネットワーク内にあるか、それを超えているかを判断するのに役立ちます。

注意: Edimax WiFi USB アダプター EW-7822ULC は地域固有のものであり、Amazon またはご希望の小売業者からご購入ください。

ワイヤレス ネットワーク接続テストワイヤレス ネットワーク接続テストワイヤレス ネットワーク接続テスト ワイヤレス ネットワーク接続テストワイヤレス ネットワーク接続テスト

ライブ ワイヤーマップLive Wiremap

調査によると、すべてのケーブル障害のほとんどが誤配線に関連していることが示されています。NSAは、オートテストを実行しなくても、リモートターミネータが検出された時点で、Certi-Lite テスト画面からエンドツーエンドのワイヤーマップをグラフィカルにレポートします。配線障害を瞬時に確認した後、ワイヤーマップ画像をクリックするだけで障害の場所を特定することができます。問題を解決した後にも、NSAのライブワイヤーマップレポートは、修正を即座に確認するのに役立ちます。高速CAT6Aシングルエンドオートテストに加えて、これもNSAのもう一つの重要で特徴的な機能です。

ライブ ワイヤーマップライブ ワイヤーマップライブ ワイヤーマップ

テストデータプロTestDataPro

TestDataPro は、NSAに標準で付属されている PC ベースのテストレポート管理ソフトウェアです。TestDataProはNSAと連携して動作します。NSAを使用すると、ユーザーはプロジェクトを定義し、テスト結果をデータベースにアップロードされたロジカルグループに分類することができます。このデータベースでは、オンラインで詳細なテスト結果を表示したり、PDFでのレポート印刷の提供を行うことで、共同作業を行うことができます。ユーザーは、Certi-Lite,CAT6A,マルチギガ および PoEなどの複数のオートテストを1つのレポートにまとめることができます。

テスト結果は、次の方法でTestDataProにアップロードされます
1. TestDataPro Cloud
2. NSAからPCへのUSBポータブルドライブ ファイル転送
3. NSA から PC へ直接USB ケーブル接続
テストデータプロテストデータプロ テストデータプロテストデータプロ

テストデータプロ クラウドTestDataPro Cloud

TestDataProクラウドは、ユーザーが現場にいてもテスト結果をクラウドに転送できる無料サービスです。ユーザーは、有線またはワイヤレスネットワーク接続 (現場での携帯電話のホットスポットへの接続など)を介して、NSAとのネットワークに接続できます。これにより、ユーザーはプロジェクト全体でテスト結果をオフロードできるため、管理者は進捗状況を把握でき、NSAから結果を迅速かつ簡単に転送できるようになります。テスト結果が TestDataPro クラウドに入ると、ユーザーはオンラインで各テストの詳細を確認したり、個別に印刷されたテストレポートを入手したりできます。

複数のテスト結果を1つのPDFレポートにまとめたり、テスト結果のロジカルな階層表示を作成したりするなど、より詳細な機能が必要な場合は、テスト結果さらに多くの機能を備えた TestDataProに転送できます。しかし、ほとんどのユーザーは、TestDataPro クラウドで必要な情報を入手可能です。

テストデータプロ クラウド テストデータプロ クラウドテストデータプロ クラウド

RLロケーターRL Locator

RLロケーターネットワークケーブルペアの全体に100Ωのインピーダンスがあるのが、理想的なネットワークケーブルペアであると言えます。

実際には、インピーダンスは100Ωから異なる量でケーブルリンクに沿って変化し、その偏差はコネクタの位置により変化します。

RLロケータープロットは、ケーブルの長さに沿った表示をご提供します。RLロケーターのピーク位置は、インピーダンス制御が不十分なスポットを表しています。ケーブルがオートテストに失敗した場合、RLロケーターは障害の原因と思われるケーブルリンク上の位置特定に役立ちます。これはトラブルシューティングに非常に役立ちます。問題箇所の正確な位置情報があることで、技術者はケーブルの問題解決に集中することが可能となります。

NEXTロケーターNEXT Locator

NEXTロケーターNEXT障害の診断は難しい場合があります。障害の原因としては、ケーブル不良、コネクタ不良、設置方法の不備などが挙げられます。NEXT ロケータープロットは、ケーブルの長さに沿った表示をご提供します。

ケーブルがオートテストに失敗した場合、NEXTロケーターは、障害の原因と思われるケーブルリンク上の位置特定に役立ちます。一般的には、接続ポイントでNEXTが最も高くなりますが、ケーブル全体でNEXTが高い場合は、それが原因であることもあります。

NEXTロケーターを使用すると、NEXTの失敗はすぐにパス(成功)に変えることが可能です!

製品に関するお問い合わせ・資料請求はコチラから